SSブログ
Cトラック ブログトップ

メルクリンCトラックの改造 その3 [Cトラック]

こんにちは、berg-montagneです。

お知らせしていますように、来月21日に欧州型の鉄道模型運転会があります。
私も、また、参加する予定で、いま、レールやら車両やら持っていくものの整備を行っています。

前回、1月の運転会でメルクリンのCトラックを2線/3線共用できるように改造したのですが、ポイントは分岐側がR2のものを改造しました。
これでいいかなと思っていたのですが、編成ものを走らせると、分岐側が半径の小さなカーブですのでちょっときついかな?という印象を受けました。
家の中でレールをひいて走らせる程度ならそれでもいいのですが、折角広い運転会会場で走らせるのです。やはりワイドポイントの方がゆったりとしていいようです。

そこで、来月に向けて、ワイドポイントを2線/3線共用できるように改造しました。
ワイドポイントは、R2ポイントと違ってAの字のような部品はありません。トングレールの部分には、既に外側レールとの薄い金属片が組み込まれていて(青丸部分↓)、電気的につながっています。従って、フログ部分の絶縁改造が主になります。
P1000540.JPG

よくよく観察しますと、トングレールとフログが接する部分には、金属片がレールとプラスチック道床の間に挟み込んであります。どうやら、これで電気的につないでいるようです。さて、これをどうやって絶縁したらいいのか?

該当する部分の裏側からプラスチックを削って金属部をカットするとか、いろいろ方法はあるようですが、私は出来るだけ手を抜いて楽に改造したいと考えています。

ポイントをよく見てみると、フログ部分の裏側には、位置決めのピンと長い2本の脚が出ています。ピンはプラスチックの道床に開いている穴にはまってフログの取り付け位置を割り出し、2本の脚が道床の裏側でカシメられてフログを固定しています。このカシメられている脚をドライバーで裏から押してやると、いとも簡単にフログ部分が外れました。
P1000546.JPG

外した場所を見ると、小さなAの字型をした金属部品(赤丸部分↓)がトングレールの下まで入っています。この部品をトングレールの根元で折り曲げて切り取りました。これでトングレール同士が絶縁されました。
P1000547.JPG

フログ部分とそこにつながるレールとの絶縁は、フログ部分に接している4本のレールを端から約1mmぐらい(青丸部分↓)、ニッパーでカットするだけです。
P1000550.JPG

先ほど折り取った小さなAの字の金属部分の折口を2mmほどカットして、元の位置に接着します(赤丸部分↓)。フログはこの金属板を道床との間に挟んで高さを調整してありますので、絶縁だけして元の状態にしてレールの高低差をなくすためです。こうしておかないとフログ部分が0.5mmほど低くなってしまうことがあり、走行に支障をきたす恐れがあります。
P1000553.JPG

後はフログ部分をもとの状態にはめ込むだけです。2本の足はカシメた部分が少し膨らんでいるので、小型のハンマーか何かでレールに傷をつけないように注意して打ち込めばOKです。念のため、裏側から接着剤で固定しておきます。青丸部分↓が絶縁されている部分です。
P1000555.JPG

左右レールがつながっている部分をカットして、分岐側は、左右レール同士を電線でつないでおく(赤丸部分↓)、これは、R2ポイントを改造した時と全く一緒です。青丸部分↓は、裏側から見たフログの脚です。
P1000559a.jpg

最後にテスターで、絶縁される部分は完全に絶縁されているか、電気的に同位になるべきところは同位になっているか、を確認して、すべてがOKなら終わりです。

この一連の改造は、フランス型を主とした2線式の車両と、ドイツ型を主とした3線式の車両を所有していて、出来るだけ線路等のインフラ部分を共用して、両方楽しもうというところから始まりました。線路って結構かさばりますからね。それに二重投資はやはり避けたかったですし。
私は、2線式の線路をどうしようかといろいろ検討しました。katoやFleischmannなどから出ている線路が入手しやすくて十分楽しめるのですが、運転会に持っていくことや、この次に考えているポイント等のデジタル化などを考えると、私にとってはいまひとつでした。TrixのCトラックも一つの案でしたが、入手しにくいので考え込みました。
結局、メルクリンのCトラックをもとにTrixのCトラックが出来ていること、ポイントの改造さえ何とかなれば共用可能であること、デジタル化はメルクリンのものが一番やりやすい、などの理由から、メルクリンのCトラックを採用しました。

ですので、私の改造記事は、あくまで特殊な条件での一事例として見ていただけると幸いです。



メルクリンCトラックの改造 その2 [Cトラック]

こんばんは、berg-montagneです。

前回の続きで…。

左右レールを絶縁改造したCトラックの配線は、次のようになります。

2線で使用する場合
P1000333.JPG
上から見て進行方向の右側のレールに赤線(ホット)をつなぎます。

3線で使用する場合
P1000337.JPG
赤線(ホット)をセンターレールに、茶線(グランド)を左右レールのどちらかにつなぎます。茶線は左右レール両方につないでおけば、より安定します。


さて。

一番の難問は、ポイントです。
簡単に言うと、左右レールを絶縁してやり、トングレールはそれぞれの外側とのレールと電気的に結線します。そして、フログ部分は隣り合うレールから絶縁します。最後に、分かれていくレールの左右レール同士をつなぎます。
これだけなんですが、言うは易し、行うは難し。簡単ですが、面倒です。

P1000331j.jpg
表から見た写真です。上が改造済み、下がオリジナル。
トングレールは、「A」の字型の金属部品(緑丸部分)を取り外しフログ部分と絶縁、金属部品を適当な長さにカットして、それぞれの外側のレールとトングレールの下側に通して(青丸部分)、電気的につなぎます。
フログ部分の絶縁は、トングレールと反対側は、隙間(赤丸部分)をニッパーなどでカットしてやればいいのですが、私はより確実にカットするために、モーターツールを使用してカットしました。

P1000327.JPG
裏側です。上が改造済み、下がオリジナル。
左右レールは絶縁されていますので、ポイント内部で結線する必要があります。

あとはテスターで、絶縁される部分は完全に絶縁されているか、電気的に同位になるべきところは同位になっているか、を確認して、すべてがOKなら終わりです。
フログ部分が絶縁されているので、ここには電気が流れませんが、車両側できちんと集電対策が取られているのであれば、軸数の少ないタンク機関車のような一部の車両を除いて、問題なく通過するはずです。

とはいうものの、実際に使うのはこの運転会(第3回欧州型鉄道模型運転会)が初めてです。
うまくいくといいんですが…。

メルクリンCトラックの改造 その1 [Cトラック]

こんばんは、berg-montagneです。

第3回欧州型鉄道模型運転会が近づいてきました。そろそろ線路の準備をしないといけない…。

運転会では、2線DCC用にKATOのユニトラックを1オーバル、あとは3線、メルクリン用のCトラックを3~4オーバルを用意しています。でも、フランス型は2線主体に、ドイツ型は3線主体に楽しむことを標榜する私としては、そのままでは面白くない。というわけで、メルクリンのCトラックをちょっと改造しました。

P1000297.JPG
右側が改造前、左側が改造後です。違いが分かりますか。

Cトラックの内側のコネクターはセンターレール用の、外側のコネクターは左右レール用のコネクターです。2枚目の写真の赤丸部分で、左右レールは電気的につながっております。
P1000304j.jpg

改造は、3枚目の写真の赤丸部分のように、ここをニッパーなどでカットするだけ。これで左右レールは電気的に絶縁され、2線でも使用可能になります。
P1000303j.jpg

2線で使用する場合は、センターレールに触れるものはあっても電気的に関係なく、左右レールを同時に触れない限り、ショートはしません。ただし、ポイントを組み込んで、リバースや三角線を作ったらギャップを切る必要があります。でないと、左右レールがショートしてしまいます。
3線で使用する場合、メルクリンの車両は車軸は絶縁されていないので、車輪と車軸を介して左右レールは同電位となり、問題なく走ります。3線だけで使用するのなら、改造していないCトラックを数か所に組み込めば、より安定してデジタル信号が流せます。

ポイントの話が出ましたが、ポイントの改造はちょっと面倒です。試しに改造したものはあるのですが、それは次回に。

コマンドステーションからの配線は、3線の場合は従来通り、赤線(ホット)をセンターレールに、茶線(グランド)を左右レールのどちらかにつなぎます。茶線は左右レール両方につないでおけば、より安定します。
2線の場合はセンターレールにはつながずに、赤線(ホット)を線路を上から見て進行方向の右側のレールに、茶線(グランド)はその反対側のレールにつなぎます。2線では、アナログ、つまり直流で配線する場合、プラスを線路を上から見て進行方向の右側のレールに配線する決まりがあります。デジタルの場合もこれに準じて配線しておいた方が、発煙装置や何かで配線上極性がある場合に役に立ちます。(写真を撮り忘れたので、次回に掲載します。)

運転会では、この2線・3線共用線路を1オーバル用意して、2線の持ち込みが多い場合は2線で、少ない場合は3線で運用しようと考えています。

Cトラック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます