So-net無料ブログ作成

メルクリンCトラックの改造 その2 [Cトラック]

こんばんは、berg-montagneです。

前回の続きで…。

左右レールを絶縁改造したCトラックの配線は、次のようになります。

2線で使用する場合
P1000333.JPG
上から見て進行方向の右側のレールに赤線(ホット)をつなぎます。

3線で使用する場合
P1000337.JPG
赤線(ホット)をセンターレールに、茶線(グランド)を左右レールのどちらかにつなぎます。茶線は左右レール両方につないでおけば、より安定します。


さて。

一番の難問は、ポイントです。
簡単に言うと、左右レールを絶縁してやり、トングレールはそれぞれの外側とのレールと電気的に結線します。そして、フログ部分は隣り合うレールから絶縁します。最後に、分かれていくレールの左右レール同士をつなぎます。
これだけなんですが、言うは易し、行うは難し。簡単ですが、面倒です。

P1000331j.jpg
表から見た写真です。上が改造済み、下がオリジナル。
トングレールは、「A」の字型の金属部品(緑丸部分)を取り外しフログ部分と絶縁、金属部品を適当な長さにカットして、それぞれの外側のレールとトングレールの下側に通して(青丸部分)、電気的につなぎます。
フログ部分の絶縁は、トングレールと反対側は、隙間(赤丸部分)をニッパーなどでカットしてやればいいのですが、私はより確実にカットするために、モーターツールを使用してカットしました。

P1000327.JPG
裏側です。上が改造済み、下がオリジナル。
左右レールは絶縁されていますので、ポイント内部で結線する必要があります。

あとはテスターで、絶縁される部分は完全に絶縁されているか、電気的に同位になるべきところは同位になっているか、を確認して、すべてがOKなら終わりです。
フログ部分が絶縁されているので、ここには電気が流れませんが、車両側できちんと集電対策が取られているのであれば、軸数の少ないタンク機関車のような一部の車両を除いて、問題なく通過するはずです。

とはいうものの、実際に使うのはこの運転会(第3回欧州型鉄道模型運転会)が初めてです。
うまくいくといいんですが…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます